格安で手に入るフィンペシア

薄毛の治療でもっとも効果をあげているのがプロペシアです。
元々は前立腺肥大症を改善するために開発された医薬品ですが、服用した人の髪の毛が生えてきて、これは大変だということで育毛剤として開発され直したという逸話のある医薬品です。
ただ、育毛剤として完成するまでにかなりの研究費をつぎ込んできたため、開発費が予想以上に膨らんだことで、クリニックで処方してもらうと驚くほど高額になってしまいます。
1か月分の薬代だけで7000円から10000円もしてしまうというのですから、これでは普通のサラリーマンは飲み続けることができません。
ところが、サラリーマンの救世主のような薄毛治療の医薬品があるのです。

それが、インド有数の製薬メーカーのシプラ社という会社が作っているフィンペシアです。
なんと、主要成分も主要成分の含有量も同じなのに、1か月分の薬代が600円程度でよいというのですから、プロペシアの10分の1程度の費用で薄毛治療ができてしまいます。
格安で手に入る薄毛治療薬として、一時期は本家のプロペシアよりも売れていたと噂されるほどでした。
その売れ行きに影をさしたのは、錠剤をコーティングしているキノリンイエローに発ガン性があるという噂です。
この噂が流れ始めた頃から、売れ行きが落ち始め、他のプロペシアジェネリックに顧客を奪われてしまう状態になってしまいました。
それが、今ではキノリンイエローフリーの新タイプが登場したことで、徐々に利用者が増えています。

もともと人気のあったジェネリック医薬品ですから、安全性が確認されれば多くの方が使いたいと思っていたのでしょう。
ただ、どんなに人気でも、日本のクリニックやドラッグストアで購入することはできません。
日本では承認されていないジェネリック医薬品であるため、手に入れるには個人輸入を利用しなければなりません。
ですが、個人輸入といっても、個人輸入代行サービスを利用すればまったく通販サイトを利用するのと変わりないほどです。
ただ、個人輸入代行業者によって、価格もサービスも違いますから、どこが良いのかよく比較して個人輸入代行業者を選びましょう。

価格で比較をしてみると、100錠入りで1600円から3000円と価格に倍ほどの開きがあります。
1年から3年と長期間使用するものですから、できれば安上がりなほうが助かりますが、安ければ良いというものでもありません。
せっかく購入したのに偽物だったということを避けるため、個人輸入代行業者選びは慎重に行いましょう。
インターネットで口コミを検索すれば、ある程度の情報はわかります。
その情報の中から、自分自身で考えて、納得できるところに注文するようにしましょう。
成分鑑定など、しっかりとした品質管理をしている個人輸入代行業者なら安心です。

できれば、そのような個人輸入代行業者を利用することをおすすめします。
情報は常に変動していますから、一度そこに決めたとしても、定期的にチェックし直すことも忘れないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

Filed under フィンペシアの通販

Comments are closed.