飲んでAGAが治療できる内服薬

昔は、毛生え薬は秘薬中の秘薬と言われたものです。
もし、開発されれば巨万の富を築けるなどと言われましたが、その秘薬が現実のものとして利用できるようになりました。
それは、フィナステリドという育毛成分が発見されたからです。
このフィナステリドは、男性ホルモンが原因で起こるAGAに絶大な効果を発揮します。
AGAは誰がいつ起こったとしても不思議ではありません。
若いのにどんどん薄毛が進行しているとしたら、このAGAを疑いましょう。
これまで発症するとなす術がなかったAGAですが、フィナステリドが発見されたことによって、進行を止め改善することさえ可能になりました。
日本皮膚学会が出しているAGAガイドラインでも、育毛に推奨できる成分としてフィナステリドが紹介されてます。
推奨度Aになっているのは、このフィナステリドとミノキシジルだけです。
このフィナステリドが配合されているのが、発毛外来などで処方されるプロペシアです。
実は、現在多く存在する発毛外来は、このプロペシアが開発されたことと関係しています。
薄毛が内服薬で簡単に改善できるようになったことで、発毛外来が成り立つようになったのです。
そう考えると、現在、発毛外来のドクターをされている方は、プロペシアに感謝してもしきれないでしょう。
それはさておき、発毛外来でプロペシアを処方してもらうと、28日分で10000円程度かかります。
価格設定はクリニックにもよりますが、これはかなり高額の部類に入るのではないでしょうが。
実は、発毛のための治療は健康保険の対象外ですので、費用は全て自己負担しなければなりません。
そのため、このような高額になってしまうのです。
この費用を出せる人はそれほど多くはないのではないでしょうか。
その証拠に、日本のプロペシア普及率は、諸外国よりうんと低い20%程度です。
費用のことを考えれば、それも無理はありません。
ところが、同じフィナステリドを含有しているフィンペシアは、プロペシアの10分の1程度の価格で販売されています。
100錠入りで1500円ほど、300錠入りや500錠入りはさらに1錠あたりの単価が低くなります。
1か月1000円程度であれば、誰でも薄毛治療をすることができるでしょう。
フィンペシアにも、日本皮膚学会で推奨されているフィナステリドが配合されています。
そのため、プロペシアのジェネリックだと言われていますが、厳密に言えばプロペシアの正式なジェネリックではありません。
それは、まだプロペシアの特許が切れていないためです。
特許が切れていないのにジェネリックが作られたのは、インドの特殊な事情にあります。
インドでは成分特許が認められないため、多くのジェネリック医薬品が作られているのですが、フィンペシアもその数多くあるジェネリック医薬品の一つです。
インドのジェネリック医薬品は世界中で利用されていますが、日本の薄毛に悩む男性にとっても無くてはならないものになっています。

コメントは受け付けていません。

Filed under フィンペシアの通販

Comments are closed.