偶然から生まれたプロペシア

薬学の世界では、偶然で生まれた医薬品はいくつもあります。
有名なところでは、プロペシアもその一つです。
元々は前立腺肥大症の薬として開発されたのです。
前立腺を縮小させるために処方していたのに、患者からは思いがけず毛が生えたという報告が相次、これは大変な発見なのではないかということで、育毛剤として開発されました。
世の中には、前立腺肥大で悩んでいる男性より、薄毛で悩んでいる男性のほうが圧倒的に多くいます。
効果のある前立腺の薬を開発するより、効果のある育毛剤を開発したほうが儲かるに違いありません。
予想した通り、プロペシアは売れに売れ、薄毛治療ならプロペシアと言われているほどです。
ただ、開発や研究にお金がかかったことから、1錠あたりの単価がかなり高く設定されています。

そのため、薄毛治療を受けたいのに、薬が高すぎて治療ができないという方がたくさんいます。
そこで、注目され始めたのが、プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアです。
プロペシアの10分の1程度の価格で購入することができるのですから、その安さが受けてこれまた売れて、本家のプロペシアよりも売れているのではないかと言われていた時期もあります。
プロペシアは今でも前立腺肥大症の治療に使われていますが、同じ有効成分が配合されえいるフィンペシアも同じく前立腺肥大症に大きな影響を与えます。
そのため、用量用法を守って服用するようにしましょう。
フィンペシアは国際基準をクリアしているジェネリック医薬品ですから、用法用量を守っていれば安心です。
ただ、プロペシアと同じく、肝機能障害に影響を与えることが知られているため、服用を始める前は、まずクリニックなどでプロペシアを試しても大丈夫か相談してからにした方が良いでしょう。

クリニックでプロペシアを服用しても大丈夫だと判断されれば、同じ有効成分のジェネリック医薬品も安心して服用できます。
1日1回1錠が適量となっていますから、それを超えて服用しないようにしましょう。
フィンペシアを製造しているのは、インドで第2位の製薬メーカーであるシプラ社です。

シプラ社では、様々なジェネリック医薬品を製造し、欧米を含む170カ国以上の国々に輸出しています。

これほど多くの国に輸出できているということは、それだけ信頼できる製薬メーカーであるということでしょう。
日本では未承認であるため、個人輸入をするしか手に入れる方法はありません。
ですが、インアーネットで検索すれば、変わって代行してくれる個人輸入代行業者を見つけられるでしょう。
価格は業者によってまちまちで、サービス内容なども業者によって違いがあります。
できれば、口コミので評判をチェックできる大手の個人輸入代行業者を利用しましょう。

サービスを開始したばかりのところは、価格は安くても安心して利用することはできません。
医薬品はちょっとした混ざりものがあるだけで効果が違ってしまうものです。
安心して服用できることが一番大切なのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

Filed under フィンペシアの通販

Comments are closed.